人気ブログランキング |

週末は晴れても、雨でも


フリーお気楽建築士 兼 主婦の黒猫とのくらし
by kame-kameko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

街のクリーニング屋さん 〜その3

縦割り行政も加担して『街のクリーニング屋さん』の

ほとんどが『違法建築』になってしまった経緯を

説明した「その2」ですが →

「その3」では、この問題が表面化した流れと

行政から示された解決策に関してまとめます。



f0054859_2238376.jpg



2009年7月9日

さいたま市の建築課が以前より違反行為が疑問視されていた

クリーニング業界団三位の大手業者の工場を

立ち入り検査し、近隣商業地域で石油系溶剤を

違法使用していたことが発覚。

この違法行為を新聞各社が報道した事も手伝って

その後多くの業者が摘発されるに至りました。

それを受けて2010年には国土交通省が

全国のクリーニング業者の実態調査を行い

違反是正に関する指針(技術的助言)を発表しました。




表の上に書いてある『◯ただし、特定行政庁が・・・』

と言うのが肝心な「技術的助言」に関係します。



f0054859_22472577.jpg
クリックすると大きな画面で見られます↑

調査報告書などに興味のある方はコチラ →
(国土交通省のHP)




特定行政庁と言うのは「役所」の事(東京都の場合は各区役所など)

その役所で開かれる『建築審査会』→

に許可申請をして認められれば

建築する事が出来ない『用途地域』であっても

クリーニング店を操業する事が出来るというもの。

もちろん『引火性溶剤』によって火災事故などが起こらない様

設備機器の性能や設置場所の安全性など

細かな規定に沿った内容でなければ許可されません。

現状で営業しながら改装したりするのは

個人事業主が多いクリーニング店では大変な事です。

ではその『引火性溶剤』を使用しなければいいのでは?

という考え方もありますが、なかなか適正な代替むずかしい。

この問題を受けて、業界が推奨していると言われているのは

代替フロン溶剤HFC365mfc(ソルカンドライ)らしいのですが…

引火性が無い代わりに、強力な温室効果ガスであるため

環境破壊が憂慮されている溶剤でもあります。
(WWFのHP)

もちろん溶剤を変えると言う事は、機械設備を入れ替える

と言う事で、かなりの費用負担が強いられます。


++++++++++++++++++++++++++++++++++


じゃあその『建築審査会』の許可とればいいんでしょ?

と言う事なのですが、それは その4 で詳しく・・・
by kame-kameko | 2014-03-29 01:00 | しごと

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(1227)
(806)
(802)
(782)
(708)
(435)
(397)
(331)
(309)
(246)
(201)
(144)
(143)
(124)
(116)
(70)
(42)
(36)
(24)
(16)

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
桜のゆくえ
from じろさんこちら
だいずとあずき
from 癒し癒されニライカナイ
だいずとニライ
from 癒し癒されニライカナイ
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..

検索

ファン

ブログジャンル

おうちごはん
猫

画像一覧