人気ブログランキング |

週末は晴れても、雨でも


フリーお気楽建築士 兼 主婦の黒猫とのくらし
by kame-kameko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

新・姫の会第一弾〜'12如月〜東京で歌舞伎鑑賞 ※追記あり

前回の記事↓で貯めた10万円は「姫の会」の1年越しの計画でした(^^)/
何をしようかワクワクしながら3人で計画してメインのイベントとして決めたのが

        コチラ↓

f0054859_18364521.jpg

新橋演舞場 で二月大歌舞伎
中村勘太郎改め
六代目中村勘九郎襲名披露


演目は「鳴神(なるかみ)」
上↑のポスターの「土蜘(つちぐも)」
「河内山(こうちやま)」〜質見世より玄関先まで の三幕

ちなみに姫1号は日舞を習っていた事もあって歌舞伎鑑賞はベテラン^^
2・3号は歌舞伎初体験です!!







「新橋演舞場」の正面は入場を待つ人でいっぱい(^^)
よくTVで見る風景だ〜!!
でも新橋演舞場は「新橋」じゃないぞ〜「東銀座」だな…
f0054859_18284656.jpg





席は手前に見える花道の左側9列目。。。わくわくするな〜♪
奮発していい席取ったのよ〜!
f0054859_1829972.jpg





3階席まであるけれど、こじんまり感と提灯がしっとりとした雰囲気^^
お着物姿のご婦人が数多く見られるのも素敵です! 着物着たくなるぅ〜
でも正直、お着物でずーっと観劇するのは辛そうだな〜(汗)
f0054859_18291837.jpg





一幕目は”歌舞伎十八番の内「鳴神(なるかみ)」大薩摩連中”
写真は借り物です^^
f0054859_2028868.jpg

高僧が美女の色香に惑い、堕落すると言う物語
艶っぽいやり取りや派手な衣装と動きで怒りの感情を表現したり
ちょっとクスッと笑ってしまう場面があったり・・・

出演は高僧の鳴神上人に中村橋之助
美しい雲の絶間姫は勘九郎の弟の中村七之助、他

七之助の女形、綺麗だったよ〜^^



f0054859_18294731.jpgさて、一幕目が終わって
次の演目までの間にお昼ご飯♪
東京駅の大丸で買っておいた
なだ万の月替わりのお弁当
(美味しかった!特に煮物!!)

劇場内にお食事処があるのですが
幕間は30分しかないので
こうしてお弁当を持参して
座席で食べる人が多いみたい。
(新橋演舞場は座席での飲食可能)





二幕目は”新古演劇十種の内「土蜘(つちぐも)」長唄囃子連中”
世の中を魔界に変えようと大望を抱いた土蜘蛛の化身が
手始めに武名の誉れ高い源頼光の命を狙う・・・
という、人と魔物の戦いの物語、

出演は今回の主役、中村勘太郎改め六代目中村勘九郎が土蜘を演じ
頼光役に坂東三津五郎、家臣役に中村橋之助
他に脇を固めるのが素人の私でも豪華!と思える程豪華!!
中村勘三郎片岡仁左衛門中村吉右衛門
勘三郎、仁左衛門、吉右衛門の3ショットは贅沢だったなぁ〜





三幕目は「河内山(こうちやま)」〜質見世より玄関先まで
江戸城で大名の世話をするお数寄屋坊主の河内山が
松江侯が愛人にしようと屋敷に幽閉した腰元の娘を救い出すため
上野寛永寺の使い僧に化けて乗り込み一芝居打つという物語。

出演は
金目当ての悪党なのに憎めない人物ー河内山を演じるのが片岡仁左衛門
ワガママなお殿様松江侯に中村勘九郎
その他にも多くのベテランの役者さんたちが脇を固めていました。
仁左衛門さんさすがの貫禄で素敵でした♪





ふぅ〜。
素人なりに忘れないうちに色々調べて覚え書きとしました。
私にとっては初めての歌舞伎鑑賞だったけど、とっても楽しめましたよ(^^)/

役者さんのバックグラウンドや細かなお芝居の背景なんかを
勉強すればする程楽しめる、でも素人でも充分楽しめる
歌舞伎のお芝居って工夫されていて懐が深いな〜

お芝居を観る事自体久しぶりだったけど
やっぱり役者さんを目の前で観る臨場感はいいもんだなぁ〜と
声の強さや響きが楽しめるのは刺激的(笑)


分かりやすい演目で選んだり、好きな役者さんで選定したりして
また見にいきたいな〜♪


 **** 補足・追記 ****

一番高い座席が「桟敷」席で2万円
今回私たちが手に入れたのはその次のランクの一等A席1万8千円也
確かにちょっとためらってしまう金額ではあるけれど
昼の部は11時から16時までの5時間で三幕を贅沢にたっぷり観られます。

普通の観劇の2〜3倍楽しめると思えば
ちょっとの思い切りと、日々の節約があれば手の届かない物じゃない。
3階席なら3千円から購入できるんですよ〜(^^)/
by kame-kameko | 2012-02-12 23:33 | ひめのかい | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://kamekameko.exblog.jp/tb/17188153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satoyumi0807 at 2012-02-13 00:51
いいなあ!歌舞伎。しかも勘九郎!!
うらやましい〜♪
姫の会、いつも素敵だなあって思う。
こういうのこそ心の喜ぶ贅沢だね♡
Commented by ushigara26 at 2012-02-13 08:24
わ~~~★豪華~~~((*´∀`*))
歌舞伎全くのド素人ですが、確かに
中村勘三郎、片岡仁左衛門、中村吉右衛門さんの3人が
同時に見れるなんて、すごいですね~!!
仁左衛門さん、かっこいいよね~♥←ミーハー

しかし・・・良い席での歌舞伎鑑賞って、お金かかるんですね(-ω-;)
Commented by dadadidito at 2012-02-13 14:25
15年前、東京に住んで居た時に、
どぉ〜して歌舞伎を見に行かなかったんだろう!
ど〜して、富士山に登らなかったんだぁぁ〜!と、
後悔している「はは」です。こんにちは。

とっても豪華な顔ぶれですね〜!!
私も歌舞伎はまったくの素人ですけど、やっぱり見てみたかったです。
ホント、姫の会、素敵です〜。
Commented by ruki at 2012-02-13 22:48 x
いいねー 私も一度見てみたいと思ってる!!
浅草の三社祭で、中村兄弟は見かけたけど、
舞台だとオーラ出てるんだろうなぁ
こういう贅沢って大人だわ、素敵(笑)
Commented by kame-kameko at 2012-02-14 09:08
>ゆみさん
楽しかったよ〜!
ゆみさんもぜひお母さんやおば様と着物着て行ってみたら〜!?
超おすすめ!!
Commented by kame-kameko at 2012-02-14 09:12
>じろははさん
私の中で仁左衛門さんは「片岡孝夫」のままだし
吉右衛門さんは「鬼平犯科帳」なくらい素人だけど
十分楽しめました〜(^^)/

今回は贅沢バージョンでしたけど
チケット代はピンキリで選べますよ^^
Commented by kame-kameko at 2012-02-14 09:16
>「はは」さん
私も浜松に12年も住んでいたのに
やってない事山のごとし・・・です(笑)
「そのうち機会があったら…」と思っているとダメだと言う事が
身にしみて分かりましたよ(><;)

襲名披露講演なので脇の役者さんたちが超豪華!
素晴らしい名優たちがちょい役だったりするんですから〜!
Commented by kame-kameko at 2012-02-14 09:22
>ruki
今回驚いたのは「声」の質なのね。
女役はもちろん思いっきり裏声で高いんだけど
男女の違いを際立たせるために男役の役者の声は
ものすご〜く低いのよ。

普通のお芝居とはやっぱり別物!
凄い迫力とオーラだったよ^^

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

>ニラ子 今年は自然界..
by kame-kameko at 20:05
おぉ〜いつもありがとう(..
by niraing at 17:52
>ニラ子 遺跡はもうね..
by kame-kameko at 19:00
おぉ〜歴史と建造と先生だ..
by niraing at 16:12
>ニラ子 うっしゃしゃ..
by kame-kameko at 17:22
白と青と先生だ〜(笑) ..
by niraing at 17:14
>ニラ子 もうね、束ね..
by kame-kameko at 11:07
うわ〜〜(@o@) 伸..
by niraing at 18:24
>ニラ子 ありがと〜〜..
by kame-kameko at 18:29
改めて・・・ おめ..
by niraing at 18:36

タグ

(1227)
(806)
(802)
(782)
(708)
(435)
(397)
(331)
(309)
(246)
(201)
(144)
(143)
(124)
(116)
(70)
(42)
(36)
(24)
(16)

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
桜のゆくえ
from じろさんこちら
だいずとあずき
from 癒し癒されニライカナイ
だいずとニライ
from 癒し癒されニライカナイ
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..

検索

ファン

ブログジャンル

おうちごはん
猫

画像一覧