人気ブログランキング |

週末は晴れても、雨でも


フリーお気楽建築士 兼 主婦の黒猫とのくらし
by kame-kameko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

エイズ治療に光る猫!?

f0054859_832693.jpg
「緑色に光る猫」

*****************************************************************
[シカゴ 11日 ロイター] 米国の研究チームがこのほど、
遺伝子操作により、猫のエイズを引き起こす猫免疫不全ウイルス
(FIV)に耐性のある細胞を持った「緑色に光る」猫を生み出した。
猫エイズの感染防止のほか、人間の後天性免疫不全症候群(エイズ)
研究にも役立てたいとしている。

韓国の研究チームが「光る犬」発表、難病治療に貢献との見方

科学誌「ネイチャー・メソッズ」に11日掲載された今回の研究では、
FIVを抑える働きを持つサルの遺伝子を猫の卵母細胞に注入し、
その後受精させた。加えて、遺伝子操作を行った部分を容易に判別できるよう、
クラゲの遺伝子も組み入れた。これにより遺伝子操作された細胞は緑色を発色する。

その結果、遺伝子操作された卵母細胞から生まれた猫の細胞を採取したところ、
FIVへの耐性を示したという。
また、これらの「耐性」を持つたんぱく質は、猫の体内で自力で作られていた。

また、遺伝子操作した猫同士を交配させたところ、生まれた8匹の子猫にも
操作された遺伝子が引き継がれていた。

研究を率いたメイヨー・クリニック(米ミネソタ州ロチェスター)の
エリック・ポエシュラ博士は、今後は遺伝子操作した猫を実際にFIVに接触させ、
ウイルスへの耐性があるかを確かめたいとしている。
*****************************************************************

猫飼い意外にはあまり知られていないが猫にもエイズがある。
人と同様不治の病でノンキャリアと一緒に飼うのは避けられている。
(もちろん人間に移ったりすることは無い)
「遺伝子操作」自体にはとても抵抗があるが、こうして研究が続けられて
様々な治療に役立つ科学の発展であってほしい。

しかし。。。夜光ると獲物が捕れなくなるにゃ(=゚ω゚)ノ
by kame-kameko | 2011-09-14 08:25 | ねこのくらし

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ

(1227)
(806)
(802)
(782)
(708)
(435)
(397)
(331)
(309)
(246)
(201)
(144)
(143)
(124)
(116)
(70)
(42)
(36)
(24)
(16)

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
桜のゆくえ
from じろさんこちら
だいずとあずき
from 癒し癒されニライカナイ
だいずとニライ
from 癒し癒されニライカナイ
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..

検索

ファン

ブログジャンル

おうちごはん
猫

画像一覧