週末は晴れても、雨でも

湯河原温泉 石葉 〜お宿編

今回の宿泊先は 湯河原温泉 『石葉』(せきよう)
f0054859_12171625.jpg

神奈川県と静岡県の県境を流れる藤木川沿い

古くは万葉集の歌にもその名前が残されている湯河原温泉。

お宿のある場所は、川沿いの温泉街から更に高台に進んだ

緑深い湯河原の若草山山中にたたずんでいます。

もともと別荘だった建物を生かして作られた

わずか九室の客室の落ち着いてしっとりしたお宿でした^^





++++++++++++++++++++++++++++


玄関のある本館から渡り廊下を進んで
f0054859_12175111.jpg







一番高台にある『連山』は10帖間に広縁のコンパクトなお部屋
f0054859_12181390.jpg




事前に母の膝が少し悪い事を伝えて対応してくれたテーブルは

こんな風に普通の座卓に脚を付け足しているんです^^
f0054859_12184020.jpg



だから仲居さんでも軽々と設えを変える事が出来ます。

同じような要望が多いので、大工さんに作ってもらったとか…
f0054859_12185553.jpg







庭に面した広縁にも藤の椅子が置かれています。
f0054859_12194882.jpg







昼間の眺めはこちら。

中庭越しに山の緑を眺める事が出来ます。
f0054859_1220486.jpg







お部屋の調度品は最低限に絞られてスッキリ清潔感があります。

和光のクラッシックな置き時計がハイセンスです。
f0054859_12221629.jpg





お部屋にセキュリティBOXが無い代わりに

『御貴重品御預袋』が漆塗りの行李の中に入っていて

封をして帳場に預けるシステムになっています。
f0054859_12222833.jpg

余計なものが置かれていない代わりに

必要なものがちゃんと揃えられていました。

お部屋にはエアコンが点いていますが、片隅にはファンヒーターがあり

トイレにまで電気式の温風ヒーターが置かれていました。

加湿器や就寝時の枕元に小さな懐中電灯とお水などなど…

心配りが行き届いていますが、本当にさりげなく

不自由さを感じない様、細かい工夫が随所に見られ

ただただ感心。


++++++++++++++++++++++++++++


大浴場は離れになっているので

ここから下駄を履いて一度外へ出ます。
f0054859_12231530.jpg







少し階段が急なのと、下駄履きなので足元には充分注意ですが…
f0054859_12233671.jpg







石畳や庭の樹木が美しい空間です。
f0054859_12235229.jpg







こちらは大浴場から続く離れのお部屋への外廊下。

白い暖簾の向こう側がお部屋の入り口のようなので

足を踏み入れるのはここまで…
f0054859_12241981.jpg








露天のある大浴場は素晴らしい眺めです。

他にお客様がいなかったので

急いで部屋からカメラを持って来て脱衣室からの眺めをパシャっと…

椅子に座っているのは母です(^^)
f0054859_1225486.jpg

本当にお庭の中に作った露天風呂らしく

湯船は柿の木に囲まれているので落ち着いて入浴できました。

見上げると色づいた柿の実が見られるお風呂なんて

なかなかありませんね。

脱衣室に備えられていたポットの冷たい麦茶が嬉しかった^^







今回のお部屋『連山』には温泉の引かれたお風呂が付いています。
f0054859_12252998.jpg








部屋付きのお風呂ってほとんど使わない事が多いですが

ここは檜風呂。

それも初めから最後まで並々とお湯が張られていたので

お湯は出しっぱなしにしておいて構わないとお宿の方に言われました
最初にお部屋がほんの少しカビ臭いと感じたのはこのせいかな〜

いつでも「さっとひと風呂」と気軽に入る事が出来ます^^
f0054859_12254218.jpg









チェックアウトの頃には青空が広がって暖かな陽気に。

打ち水が清々しいお宿を後に帰路につきました。
f0054859_1435926.jpg



++++++++++++++++++++++++++++



お食事が美味しく、建物や設備のしつらえは心配りが行き届き

本当に素晴らしいお宿でした。

余計な事はいっさいせず、でも不足無く

シンプルで清潔感あふれる心憎いもてなしです。

あまりにもそつが無さ過ぎて

冷たい印象も感じられたのは正直なところ。

「どちらか行かれました?」

「このあとどこかに行かれますか?」

定番の様に交わされる仲居さんからの声掛けはありませんでした。

私たちが初見だったからかわかりませんが

敢えて距離のあるスタンスでの接客を心がけているのか…

夫婦で来るなら文句は無いけど

母との旅行で訪れる宿としては、少しクール過ぎたかな〜

もう少し母の楽しい気分を盛り立ててくれる

ホスピタリティーを選択すべきだな〜

と感じたりしました。


・・・そう考えると、こなれ切れてなくて(?)

少し恥ずかしくてワザとらしいくらいの接客だった

コチラの方が →

私たち母娘の旅には合っていたのかもしれません(笑)
[PR]
by kame-kameko | 2013-11-10 14:51 | たび | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kamekameko.exblog.jp/tb/20812808
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ushigara26 at 2013-11-11 12:30
膝の悪い人用(私もか?)のテーブルの工夫、すごいですね~(´д`*)
行李に封をして預けるっていうのも、日本っぽくていい~♥
トイレの温風ヒーターも、うれしい心配りですよね。
細かい所まで、気を配ってくれてるけど、サービスはクールと
思えるほどさらっと・・・・それって・・・お忍びのカップルにとっては
最高のサービスかも~(笑)
Commented by kame-kameko at 2013-11-12 09:23
>じろははさん
布団を敷く時、仲居さんだけだったので
どうするんだろう?って思ったら脚が w(@0@)w
お・も・て・な・し の国ですからね〜♪

観光地は隣の熱海なので、
湯河原は本当に温泉でのんびりにぴったり^^
そしてお忍びカップルにはもってこい!ってのはその通り
奥さん、お薦めよ〜(笑)
Commented at 2014-01-10 14:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kame-kameko at 2014-01-13 17:57
>鍵コメさん
本当に洗練されたおもてなしの心をお持ちの旅館だったと
今でもいろいろ思い出します。
お食事は噂に違わず楽しめましたし
ぜひ連泊してのんびりしたいお宿ですね^^

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のコメント

>にら子 うふふぅ〜(..
by kame-kameko at 20:20
気のせいか、夜のまったり..
by niraing at 18:58
>高知のいごっそさん ..
by kame-kameko at 17:27
おい!あずき!美猫ちゃん..
by 高知のいごっそ at 19:07
>高知のいごっそさん ..
by kame-kameko at 08:24
あずきは年頃になって、べ..
by 高知のいごっそ at 16:52
>高知のいごっそさん ..
by kame-kameko at 20:21
バカタレ!ガードしないで..
by 高知のいごっそ at 12:49
>ニラ子 試食は無し!..
by kame-kameko at 14:17
>ニラ子 ありがとう〜..
by kame-kameko at 14:16

タグ

(891)
(769)
(764)
(590)
(542)
(278)
(265)
(249)
(212)
(171)
(142)
(124)
(112)
(81)
(77)
(68)
(42)
(31)
(16)
(15)

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
桜のゆくえ
from じろさんこちら
だいずとあずき
from 癒し癒されニライカナイ
だいずとニライ
from 癒し癒されニライカナイ
くちこみブログ集(国内旅..
from くちこみブログ集(国内旅行)..

検索

ファン

ブログジャンル

おうちごはん
猫